與杼神社
   
ご由緒へ
ご社殿へ
年中行事へ
ご祈祷へ
神輿渡御へ
交通案内へ
リンク
ブログ

【本殿について】
本殿正面

 祭神は、中央に
豊玉姫命
(トヨタマヒメノミコト)

向かって右側に
高皇産霊神
(タカミムスビノカミ)

向かって左側に
速秋津姫命
(ハヤアキツヒメノミコト)

の三柱であります。

  現在の本殿は昭和50年の焼失により昭和55年3月に建立されました。

  その間の昭和50年から54年まで伊勢神宮より「由貴御倉」を拝領し元の本殿敷地内に仮本殿として安置、氏子各位の浄財のご寄進を募り建て替えとなりました。

  三間社流造りで屋根は銅板葺きで床面積46平方メートルとなっています。

本殿ななめから

【拝殿について】
拝殿正面 国の重要文化財(15.51平方M)

桁行二間・梁間二間・一重入母屋造・こけら葺屋根

  本殿の東方に建ち規模は十三尺四方・正面と背面は柱間一間・両側面は六尺五寸ずつの二間になっている。柱は角柱の面とりである。

  地覆石上に地長押を廻らし床板を張る。内部は一面の格天井となっている。

  特に頭貫木鼻、雲肘木の絵様が本殿と類似しているところから全焼前の本殿と同時期の建立と見られる。
  基本的には、良く保存されているので本殿とともに重要文化財に指定された。
  平成28年度にこけら葺きの改修が行われています。

【その他】

  本殿・拝殿の他に、日大臣社(ヒダイジンシャ)長姫社川上社豊丸社、の各社殿と、神輿三基を格納してある神輿庫手水舎及び社務所などの各建造物が、4437平方メートルの境内に建立されています。

なお、この地は淀城跡と共に風致地区に指定されています。



  與杼(よど)神社は京都市伏見区淀に産土神として鎮座しております。
淀神社と明記されることがありますが正しくは與杼神社(与杼神社)です。


與杼神社バナー小
Copyright(c)2006 與杼神社